メモ帳

学んだことなど

WSL2でWindowsにLinux環境を構築してみた

WSL2とは

WSLはWindows Subsystem for Linuxの略で、要はWindowsの中でLinuxが使える

VirtualBoxと比較して導入が楽、高速起動、ファイルアクセスが容易などのメリットがある

WSL2ではアーキテクチャの大幅な変更によりWSL1が抱えていたファイルの読み書きが遅いという問題が解消され、更にDockerが使えるようになっている


導入手順は以下の通り(手動インストールで行った) docs.microsoft.com

WindowsからWSL上のファイルにアクセスするパス

\\wsl$

WSLからWindowsのファイルにアクセスするパス(Cドライブの場合)

/mnt/c



今読んでる本がMacでの開発を前提に書かれており、nodenvなどを使いたいためにLinux環境を作ってみた次第 (WSLのことも本書に書かれていた) oukayuka.booth.pm